よくある質問

Q:おけいこは、いつ行ってもよいですか?

A:

はい。おけいこ日の時間内においでください。

準備の都合上、在籍される曜日はあらかじめ、お決めくださるようお願いします。 

満席の場合は少しお待ちいただくことがあります。

事前にメールや電話で確認してからこられる方もいらっしゃいます。

 

水曜は午後7時、土曜は11時30分までに入室してください。

中学生高校生~一般部さんには可能な限り柔軟に対応したいと思います。ご相談ください。

 

 木曜は諸事情により、当日予約はお断りさせていただく場合がございます。

 

Q:おけいこは、1回何分くらい

A:

時間内で、席があれば、書きたいだけどうぞ (混んできたら譲り合いましょうね)。

とはいっても、効率よく気分良く集中して…書ける時間はそれほど長くありません。

小学生さんは1時間~1時間半が内容的に充実しておすすめです。

書き方・毛筆両方すると、正味1時間だとあともう1枚書きたかったといったところで終了。

新しい課題に入ったばかりの日と、締切日とでは、あともう1枚の重みが違いますね。

 

 

教室に慣れてきた頃、○時(2・3時間後)まで頑張る!と宣言しておけいこされる方も多いです。

書くのが楽しいのですね。席があれば決して引きとめず、温かく見守っております。

(おうちの方から●時までやってなさいと言われた時は…たいていヤル気が続いてなくてかわいそう)

 

水曜より木・土曜のほうが添削等でお待たせすることが少ない為、1時間内に集中できる状況です。

 

Q:おけいこを休む場合はどうなりますか?

A:

1か月以上休まれる場合は事前にお知らせください。

競書誌は前月半ばに届き、参考手本も作成していますので、

翌月号の本代、お月謝を申し受ける場合があります。

 

休会中の在籍費を申し受ける場合があります。

なお、月半ばで急に休まれたり退会される場合、

受講されていた月のお月謝の日割り精算はいたしておりません。 

  

例えば、競書誌7月号は、6月20日頃までに届き、6月末までに参考手本と一緒に配布します。

 

Q:持ち物は何が必要ですか?

A:

8マスノート(1冊目は入会時プレゼント)、筆、半紙、競書誌、参考手本です。

(小学3年生までの筆は貸し出し可能)

忘れた時は、できる範囲でお貸しして、おけいこを進められるよう対応しておりますが、8マスノートと半紙の補充は忘れずに!

  

Q:手持ちの道具を使用できますか?

A:

はい。できます。ただし、記名をお願いします。

洗濯で落とせる墨汁は使用できません。

(優秀作品に選ばれた際に表装できないため)

半紙も清書半紙の使用をお勧めしています。

ペン類は黒インクをおすすめします。

 

Q:教室で道具は買えますか?

A:

ご相談ください。習字セットのご紹介はしておりませんが、

8マスノート、半紙(ふだん用・清書用)、筆など頒布いたしております。 

 

Q:子どもだけで見学できますか?

A:

かならず事前に保護者の方からご連絡ください。

ご連絡をいただいてないお子さんのみいらした場合は、生徒さんのお知り合いであっても、ご入室をお断りいたします。(限られた広さの中でおけいこしてるのでご容赦くださいね。)

 

保護者の方とご一緒においでいただくのが一番だと考えますが、

お仕事のご都合もおありだと思います。お気軽にご相談ください。

おけいこ日以外でも、時間を調整いたしますので、メールか電話にてご連絡ください。

 

Q:他の会の段級を継続できますか?

A:

はい。一般部は有料、学生部は無料で編入審査を受けることができます。

また、新規からスタートして、どんどん昇級しながら優秀作品にも選ばれ、

競書誌に写真掲載される道を選ぶ人も少なくありません。 

お問い合わせ

 曜、曜、曜とも

原町田教室でおけいこいたします。

 

 

     <(_ _)>

 

水曜クラスは入退室時間を定めてないので、集中してしまった場合お待ちいただいております。

 

水曜クラスへの振替はなるべく18時以降にお願いします。

 

少人数で時間固定制の土曜クラスや

事前予約制の木曜クラスへの

在籍をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

振替ご希望のかたへ

各曜日在籍のかたを優先し、空いていればお席を案内いたします。

希望されるおけいこ時間を十分にとれない場合もございます。

 

●おけいこ当日は返信・回答できないことが多いです<(_ _)>